プリ・アダマイト(堕天使たち)とドラコニアン・レプティリアンのグループは、ブラック・ロッジを形成。表のイルミナティを支配するゾロアスター13家はすべてアルコーンの血筋

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまで、洪水伝説、ホピの神話、エドガー・ケーシー氏のリーディングなどを通して、アトランティス文明が崩壊する様子を見てきました。ここで、コーリー・グッド氏が伝えているプリ・アダマイトの情報をもう一度復習して、これらとの関連を見てみたいと思います。

 コーリー・グッド氏は、約60,000年前に月から追い出されたET グループ(プリ・アダマイト)の存在を指摘しています。彼らは、ディビッド・ウィルコック氏が指摘している通り、エノク書に記述されている「シェミハザと200人の堕天使たち」の集団です。

 中西征子さんの天界通信9によると、第4回目のアトランティス時代は、「60,305年前〜 15,050年前(滅亡)」です。ちょうど、4回目が始まった60,305年前(BC58,290年)に、彼らは南極に降り立ちました。第3回目のアトランティス文明の崩壊の責任を追及されて、光の銀河連邦から追放されたことが、彼らが南極に降り立った本当の理由です。

 コーリー・グッド氏は、プリ・アダマイトとレプティリアンの紛争がしばらく続いていたが、天変地異の後に停戦合意に至ったと言っています。この停戦合意は、ポセイドン島が沈んで、4回目のアトランティス文明が崩壊した15,050年前(BC 13,035年)に結ばれました。
 エノク書にも記述されているように、この時に彼らはハイアラーキーから排除され、闇の中に投げ落とされてしまったからです。この時以降、プリ・アダマイト(堕天使たち)とドラコニアン・レプティリアンのグループは、ブラック・ロッジを形成します。彼らが地球人との間に作った異種交配種に、プリ・アダマイト(堕天使たち)が転生に入りますが、これがコブラの言うアルコーンたちです。

 アルコーンたちは、地球で王権を確立します。時事ブログでシュメールの神々は実は神ではなく、プリ・アダマイト(堕天使たち)だと指摘しました。
 5月8日の記事には、人口増加の当面の解決策として、“疫病、飢饉、塩害など人類の数を減らすための全ての手段を講じる”こととし、最終的に洪水を引き起こしたということでした。エンキ神は、“結婚しない女性、不妊、流産、そして幼児死亡など社会現象の形で新しい解決策を作り出し、人口増加が制御不能になるのを防止した”とあります。現在、まさしく、これらを彼らの代理人として行っているのがカバールであり、これが彼らの「人口削減計画」ではないでしょうか。

 シュメールの神々は、実は神ではなく、カバールやイルミナティと呼ばれる人たちが崇拝しているデーモンやデビルたちだということがわかると思います。私は彼らのことを、ブラック・ロッジの大主たちという言い方をしています。
 コーリー・グッド氏によると、地球上の王族の血筋の人たちは、自分たちがこのプリ・アダマイト(堕天使たち)の血筋だと信じているとあります。彼らにとって残念なことに、ゴールドマン・ファミリーズ・グループ(旧300人委員会)のイルミナティ(裏)の13家は、この血筋ではありません。しかし、表のイルミナティを支配するゾロアスターの13家は、すべて、このアルコーンの血筋です。
(竹下雅敏)

 

全文はこちら

shanti-phula.net