輸入物柑橘類には、OPP(防カビ剤)TBZ(防カビ剤)イマザリル(有機塩素系農薬の殺菌剤)の3点がワックスに混ぜられほぼ付着。果肉にも当然浸透。

海外輸入の果物たち
 
日本でも昔は、温暖な地域で国内で充分供給できるだけのレモンが栽培されていたそうです。
しかし外国産レモンは見栄えが良く安いため国産レモンは売れずに栽培を断念した経緯があり、販売目的のためそれに応じて諸外国は値段を吊り上げました。
そこまでしてレモンを食べる必要があるのかどうかから、日本人は考えないといけません。
 
輸入物柑橘類には、OPP(防カビ剤)TBZ(防カビ剤)イマザリル(有機塩素系農薬の殺菌剤)の3点がワックスに混ぜられほぼ付着していることが多いとされています。
またこれらは表皮だけでなく果肉にも当然浸透しています。
 


<OPP>
発がん性があり、環境ホルモンでありアレルギー性もあり。
「抗菌」などと謳った商品にはOPPやTBZが使われている可能性大。
OPPは1969年に登録が取り消されるまでは殺菌剤として農薬として使われていたが、現在日本では添加物として許可されている。
 
<TBZ>
発がん性、催奇形性があるが1972年に登録され工業用防カビ殺菌剤として塗料に添加されたり木材の腐敗防止などに使われていた。
TBZはきのこ栽培にも使われている可能性大。
ちなみにTBZは柑橘類とともにバナナにも認められている。

 

<イマザリル>
アメリカでは男性用経口避妊薬として売られている。
マウスに投与すると内反足、内反手の出産率が高まったという。
ダイオキシン環境ホルモンの可能性もある。
もともと食品に使うことは禁じられていたが米国産レモンから検出され認可しないとレモンを輸入できなくなるため1992年に急いで認可。
OPPが検出された際は海に捨てるなど大胆なことをしてる割にはイマザリルがレモンに残留していた時にはすぐに添加物として許可し輸入した。
 
海外の様々なフルーツは、もしかしたら農薬たっぷりかもしれません。
どーしてそんなものがわざわざ日本に輸入され、外国のフルーツを食べたいと思うようにあなた方が思うようになったのか?
それこそが洗脳であり刷り込みなんです。
外見だけ良いフルーツを食べたがる日本人が、バカみたいにカネを出すのをほくそえんでいる人たちがいることに早く気付ければいいのですが。

 

全文はこちら

www.facebook.com

 

 

 

活性酸素は水や酸素から生成される。体内で行われる酵素反応を促進したり、人体を構成する細胞内で情報伝達の役割を果たしている。 また、体内に侵入した細菌を撃退する働きもある。

活性酸素について
 
活性酸素は極悪非道の産物のようにいわれているが、それは本当だろうか?逆の考え方も成立するというのをここでは書いてみたい。
活性酸素は水や酸素から生成される
フリーラジカルとは不対電子を持つ原子のことで、酸素系のフリーラジカルはスーパーオキシドアニオンラジカルとヒドロキシラジカルの二つがある。
人間は酸素を使って生きているが、その過程で活性酸素が生成されるのは避けられない。
なのに極悪非道といわれてばかりなのもなんとなくかわいそうだ。
活性酸素は体内で行われる酵素反応を促進したり、人体を構成する細胞内で情報伝達の役割を果たしている。
また、体内に侵入した細菌を撃退する働きもある。
だから本来は必要不可欠なエライ存在であるという考え方が成立する。
 


もちろんちまたでいわれているように活性酸素は増えるといろんな病気にかかわってくる。
一番有名なのがガンだが老化なども有名だ。
しかしここでいえるのは活性酸素が増えて悪さをするのさえ、結果であって原因ではないということである。
科学や医学や栄養学であっても、目先のこと、目の前に起こったことしか興味がないので、これらを悪役として取り上げるだろう。
しかし抗酸化物質だけでなくこの活性酸素自体も捉え方を見直してみると面白い。

 

活性酸素は体を守るために存在し、さらに抗酸化物質はその活性酸素を守るために存在し、ガンはその先でさらに体を守る最後の砦になっているが、実際よいとされているのは抗酸化物質だけだとしたらこれは滑稽な現象であろう。
ある研究によると、体内の活性酸素がなくなると、私たちの脳は学ばなくなるというのもあるらしい。
つまり活性酸素は私たちの代わりに犠牲になってくれているかもしれないということだ。
 
この考え方は原因と結果、病気の根本治療を考える上で重要である。
活性酸素が増えているという事象を追っても意味はない。
なぜ増えているのか考えることにこそ意味があるということだ。
これはすべての真の医学に同じように通じる原理である。
 
(99%の人が知らないこの世界の秘密より抜粋)

 

全文はこちら

www.facebook.com

 

 

 

大阪府警の巡査が刺され拳銃が奪われた。容疑者の父親は関西テレビの常務取締役・飯森睦尚氏。2ch元管理人の父親が“児童人身売買で有名。

竹下雅敏氏からの情報です。
 またも、異様な事件が起きました。大阪府警の巡査が刺され、拳銃が奪われたとのことです。飯森容疑者はすでに捕まっていますが、「私がやったことではない」と、容疑を否認しているようです。飯森容疑者の所持品には、精神障害者保健福祉手帳があったということなので、ひょっとしたら、この事件は飯森容疑者の罪を問えないことになるかも知れません。
 飯森容疑者の父親は、関西テレビの常務取締役・飯森睦尚氏です。これは私の直観なのですが、この事件は、容疑者の父親がターゲットだったのではないかと思っています。

 飯塚幸三氏の池袋暴走事故、外務省ミャンマー担当職員・小山知史氏が犠牲になった川崎20人殺傷事件、そして今回の事件と、ここのところ、立て続けに異様な事件が起きています。
 

 これらの事件に、共通する因子があることがわかりました。“続きはこちらから”をご覧ください。Eriさんが、2ch元管理人の父親が“児童人身売買で有名な方”だと言っています。これは、ひょっとしたら、あのプチエンジェル事件の関係者ではないかと想像されます。
 Qグループは、プチエンジェル事件の顧客名簿を含め、現在行われている児童人身売買の組織も顧客名簿も、すでに手に入れていると想像してもよいのではないかと思います。
 Eriさんのツイートによると、トランプ大統領のプランの第一目標は、「子供たちを救うこと」であり、Qグループは、地上の悪魔を「完全に駆除する」と言っているようです。この文脈で“地上の悪魔”とは、子供たちを毒牙にかけ、ことによっては生皮を剥いで殺す者たちのことを言っているとしか考えられません。
 
 Eriさんの一連のツイートをご覧になると、この国には恐ろしい闇が存在し、奴らは、何をしても捕まらない人たちで、警察も自衛隊も信用できないということなのです。
 このような腐敗した国で、子どもたちを救い出そうとすれば、どうすれば良いか。フルフォード氏が接触していたグループの1つの代表が、白龍会が所有している犯罪者のリストについて、“俺たちにそのリストをよこせ、俺たちがやる”と言っていたように記憶しています。このグループは、少々の犠牲はやむを得ないと考えると思います。
 このように考えると、どうやらこの国でも、寄生虫の駆除が始まったと見るのが正しいのかも知れません。
(竹下雅敏)
 
全文はこちら

 

 

 

 

回転ずし。エビやカニ、イカタコ、シャコ、ホタテなどは保水剤、リン酸塩、発色剤、漂白剤まみれ。ウナギやアナゴのタレは毒に近い。

回転寿司

みなさんが驚くようなことが沢山あります。
お茶や醤油、ワサビにさえ化学調味料がたっぷり入っています。
ネタのエビやカニイカタコ、シャコ、ホタテなどは保水剤、リン酸塩、発色剤、漂白剤まみれです。
聞いたことも無いような不思議な魚名がついていたら、必ずグルソーの液に漬け込まれているのです。
ウナギやアナゴのタレは毒に近い
ウニはミョウバン漬け、いくらに使っている醤油は添加物のかたまりです。

 

シャリには、改質剤という毒と脂。合わせ酢には化学調味料はもちろん、人工甘味料を…

それでも、コンビニ食よりはマシです。

ヤマザキパンよりは少しは良心の痛みがあります。

 

私の出た調理師学校の先生が、あるコンビニの開発部にいます。

オニギリ一個に二十数種の添加物を加えているそうです。

ご飯の中にそのドロドロした液体を入れているところを見たら、二度と食えなくなったと言っていました。

私もスーパーの惣菜売り場で、ポテトサラダにアルコールをドバドバ入れているのをみました。

 

 

全文はこちら

www.facebook.com

 

 

 

メニエル症候群と診断されたりめまい症と診断された人の中で、内耳のリンパ液の状態を完全に検査された人は一体世の中にどれくらいいるでしょう?

メニエル症候群
 
メニエル症候群とはめまいを繰り返す人々によく用いられる病名ですが、本態は内耳の内リンパ水腫であるとされます♪。
内リンパ水腫によって前庭と蝸牛の感覚細胞が障害されるというわけです♪。
では聞きますが、メニエル症候群と診断されたりめまい症と診断された人の中で、内耳のリンパ液の状態を完全に検査された人は一体世の中にどれくらいいるでしょう?
答えはほとんど0でしょうね♪。
 
これで西洋医学が医学であり科学だと名乗るのだからバカバカしい限りですが、さらにいうと、仮に内リンパ水腫があるとしても、なぜそうなるのかということが結局つきとめられておらず、その原因を追究しないまま対症療法に走っているという点では、この病気にしてもやはり他と同じ構図を持っています♪。
 
そもそもよく講演などで例に出すのですが、フィギアスケートの選手はメニエル症候群やめまい症になった人がいるでしょうか?
少なくとも私は聞いたことがありませんね♪。
つまりこれは一言でいえば彼らがめまいを起こすような内耳の障害に対して、非常に強い耐性を持っているということです♪。
それらが日々の訓練によってもたらされたものであることは想像に難くありません♪。
 
たとえ内リンパ水腫であっても、そうでない原因であっても、人体の不思議というものは、それを鍛えることによって適応し症状に対応してくれるということです♪。
それこそが対症療法などとは違う本当に治癒に向けての第一歩です♪。
めまいが強い時は安静にするのが基本で、これは現代耳鼻科学でもそうです♪。
めまい症に日々薬を飲んだところで何の解決にもなりません♪。
 
よーするに運動していいもの食ってればめまい症なんてなりません♪。

 

全文はこちら

www.facebook.com

 

 

 

将来、多くの人が地球を破滅から救った英雄として認識するだろう、プーチン大統領、トランプ大統領、マイケル・フリン大将を含むQグループ(Qanon)、ロバート・ディヴィッド・スティール氏、ニール・キーナン氏、ベンジャミン・フルフォード氏、その他大勢

竹下雅敏氏からの情報です。
 Eriさんを工作員だと見る人がいるのには、驚きました。Eriさんのツイートには、仲間うち以外には誰も知らない内容が散りばめられており、一見して本物だと思えるはずなのですが…。逆に言うと、Eriさんを工作員だとする人は、実は、自分自身が工作員であることをばらしているようなものなので、ある意味で、Eriさんは正邪を分けるリトマス試験紙のような役割を果たしているとも言えます。

 さて、ツイートで、ベンジャミン・フルフォード氏についてコメントしている所があります。時事ブログでは、「フルフォードレポート」で大変お世話になっていることもあって、私の視点を書いておきます。参考にしてください。
 簡単に言うと、将来、多くの人が地球を破滅から救った英雄として認識するだろうと私が考えているのは、プーチン大統領トランプ大統領、マイケル・フリン大将を含むQグループ、ロバート・ディヴィッド・スティール氏、ニール・キーナン氏、ベンジャミン・フルフォード氏、その他大勢という感じです。
 残念なことに、明らかに2人とも「光の戦士」であるニール・キーナン氏とベンジャミン・フルフォード氏が、Yutikaさんの記事を見る限り、うまく行っていないように見えます。

 さて、フルフォード氏の情報は、“背後の情報源のシナリオ”によって正確であることもあれば、結果として誤りだったこともあります。様々な情報を細かく検証すれば、結果として誤っていたということもあるでしょうが、大きな流れを見る限り、フルフォード氏の情報は正確だと思います。フルフォード氏が主張する方向に、ゆっくりとですが、世界が変わって行くのを見ることができます。

 

フルフォード氏は、トランプ大統領が破産の度にロスチャイルド家から融資を受けて救済されてきた経緯があり、トランプ大統領を信用できないというスタンスに見えますが、実は、トランプ大統領を救済していたのは、ナサニエルロスチャイルドだったということです。彼は、ベンジャミン・フルフォード氏とも接触しており、ドラゴンファミリー、正義の側のテンプル騎士団、そしてQグループとも繋がっています。
 ナサニエルロスチャイルドは、これまで態度をはっきりさせてこなかった面があったのですが、現在では、はっきりと、Qグループと連携して動いていると見ています。
 取り上げたツイートでは、中国のことも書かれています。中国が、果たしてカバール側か否かが問題です。


 カバールを追い詰めている最強のグループは、地球同盟(アライアンス)だと思いますが、残念ながら、地球同盟は一枚岩ではありません。私の調べでは、6つと7つのグループに分かれていると思います。6つの方は、5角形(ペンタゴン)の中心にQグループが居て、全体の指揮を取っていると考えています。一方の7つのグループは、ロシア、中国、イランが中心となる7角形で、緩やかに連携しています。このグループの中には、レッドドラゴンシオン修道会も居ると思います。

 

6つのグループと7つのグループは、カバールを倒すという目的に関しては協調していますが、カバール打倒後の地球の運営をどうするかについては、見解が一致していないと思います。それが、トランプ政権を通して、ロシア批判、イランに対する圧力、中国との貿易戦争という形で噴出していると見ています。
 一番大きいのは、Qグループは、プーチン大統領は信頼しているが、習近平氏は信頼できないと見ていることでしょう。確かに、習近平氏の態度を見ていると、自身が皇帝になりたいのか、権力欲から自由になれていないという印象を受けます。その点、精神的にも自由になっている金正恩氏とはかなり違います。Qグループは、トランプ大統領の態度を見ても、金正恩氏を信頼していると思います。
(竹下雅敏)
 
全文はこちら